• 2024年04月14日(日)

    部活動紹介です

     4月12日(金)5,6限に,体育館で,部活動紹介がありました

    DSC_0003

     生徒会から

    DSC_0004

     吹奏楽部の実演を初めとして,各部活動が,DVDにまとめたり,マイクで説明したりして,工夫して行いました。

    DSC_0008

    DSC_0007

    DSC_0021

    DSC_0027

    DSC_0037

    DSC_0043

  • 2024年04月11日(木)

    対面式です!!

    DSC_0007

    本日朝、体育館で、対面式がありました。

    DSC_0002

    DSC_0008

     生徒会歓迎の言葉

    DSC_0012

     教頭先生によるあいさつ

    DSC_0013

     新入生代表あいさつ

    DSC_0016

     生徒会執行部紹介

    DSC_0017

     新入生の皆さん、ようこそ種子島高校へ。みんなで頑張りましょう。

  • 2024年04月09日(火)

    令和6年度 入学式です!!

    DSC_0001

     本日体育館で、第19回入学式が、挙行されました。

    DSC_0003

    DSC_0013

    DSC_0025

    DSC_0026

    DSC_0032

    DSC_0034

    DSC_0037

    DSC_0039

    DSC_0043

    DSC_0045

    DSC_0046

    DSC_0052

    DSC_0058

    DSC_0063

     

  • 2024年04月08日(月)

    令和6年度 新任式、始業式です!!

    DSC_0003

     新任式です。

    DSC_0007

     教頭先生初め、新任の先生から、挨拶いただきました。

    DSC_0009

    DSC_0011

    DSC_0013

    DSC_0016

    DSC_0018

    DSC_0020

    DSC_0021

    DSC_0023

    DSC_0026

    DSC_0028

    DSC_0029

    DSC_0032

    DSC_0035

     生徒代表挨拶

     続いて、始業式です。

    DSC_0038

     校長先生講話

    DSC_0008

     これから、新しい学年です。目標を持って取り組みましょう。

  • 2024年04月04日(木)

    種子島高校の歴史 その3 種子島農林学校園原咲哉について

     種子島高校の歴史 その3 園原咲哉(也)について

     前回に続いて,農林学校時代初期について考えてみます。園原咲哉(也)についてです。

    1町井90周年
     明治38(1905)年3月の第1回卒業生の写真(『鹿児島県立鹿児島実業高等学校創立九十周年記念誌』所集,以下,90周年記念誌)。
     前回は不詳としましたが,次の写真を見い出したので,最前列左から3番目の人物であることが判明しました。

    園原30

     30歳頃/1915(大正4)年(写真提供・園原謙氏)

    園原顔

     70~80歳代か。琉球新報「顔」から

    園原年譜[PDF:355KB]

     出典:髙林市治「園原咲也先生の生涯-沖縄を緑の島によみがえらせ,国頭村辺土名の土 と化した-」(『信濃教育』1208,1987年)

     以上の年譜により,園原咲哉は,明治18(1885)年長野県生まれ,明治37(1904)年木曽山林学校卒業後,18歳ですぐに郡立種子島農林学校に雇(臨時教員)として就任。以降8年間勤務し,その後沖縄県農林技手となり,沖縄県植物学の父となった。種子島で,現地の山崎フミさんと結婚し,長女夕子をもうけた。種子島に因み,その名も「タネコ」です。さらに二女の「リュウ」は,琉球(沖縄)由来でしょうか。
     2020.7.31付『琉球新報』によると,「天真爛漫、やんばるの自然児。さまざまな逸話がある人であった。北部農林高校で長年教えた園原咲也さんのことである。1981年7月に95歳で亡くなった。教え子は親しみを込め「タンメー」と呼んだ」「地域の中学生の間で「北農(北部農林高等学校)には山羊みたいな先生が居る」「草や木の葉を食べるので生活費もほとんどかからないらしい」という噂が広まっていた」「沖縄の自然を愛し、泡盛を愛した。ただ一つ、戦争を憎んだ。10・10空襲で蔵書や標本を失った。教え子も戦争に巻き込まれた。「あの当時、戦場に生徒を動員してバカらしいことをした。自由に遊ばせておけばよかった」。」とあります。園原氏の人となりが伝わってきます。

     以上の記事は,「<金口木舌>タンメーが残したメッセージ 」(琉球新報 2020年07月31日)を参照させていただきました。

  • 2024年04月02日(火)

    歓迎 瀬戸先生

    9:10着のトッピーで、養護教諭の瀬戸先生が到着されました。

    おじゃりもうせ、種子島へ。

    よろしくお願いします。

    _MG_3089

    _MG_3091

    _MG_3094

  • 2024年04月01日(月)

    歓迎 前田事務長

    DSC_0015

     14時35分着の高速船で,前田事務長がいらっしゃいました。

     暑いぐらいの爽やかな陽光の中,お出でいただきました。

    DSC_0023

    DSC_0027

    DSC_0032

    DSC_0033

     

     

  • 2024年04月01日(月)

    歓迎 福冨先生・尾長谷先生・竹下先生

    12:10着の「わかさフェリー」で電気科の福冨先生・尾長谷先生・竹下先生が到着されました。

    おじゃりもうせ、種子島へ。

    どうぞよろしくお願いします。_MG_3076

    左から、福冨先生、尾長谷先生、竹下先生です。

    _MG_3085

    _MG_3088

  • 2024年03月31日(日)

    歓迎 内田先生

    12:10着の「わかさフェリー」で生物生産科の内田先生が到着されました。

    よろしくお願いします。

    _MG_3066

    _MG_3065

    _MG_3068

    _MG_3070

  • 2024年03月31日(日)

    歓迎 盛山先生

    DSC_0006

     9時05分着の高速船で,芸術科(音楽)の盛山先生がいらっしゃいました。

    DSC_0009

    DSC_0011

    DSC_0015

    DSC_0018

    DSC_0021

    DSC_0023

    DSC_0028

    DSC_0030

    _MG_3054

    _MG_3056