08 (旧)種子島高校の歴史

  • 2008年03月21日(金)

    校歌(旧種子島高校)

    ファイル 251-1.jpg
    作詞 三木 甫水
    作曲 林  幸光

    一 黒潮めぐる南海に
      かをる歴史の地を占めて
      甍晴れ立つ校舎こそ
      我らの誇り種子高校
      聞け花ひらく若人の
      希望の歌がここに湧く

    二 平和に映ゆる雲白く
      浜木綿つねに咲く処
      正義と真理愛好す
      我らの光種子高校
      見よ眉清める若人の
      理想を聖き火とかざす

    三 世紀あらたな陽を仰ぎ
      明日の日荷ふ感激に
      強く鍛へむ身と心
      我らの生命種子高校
      ああ夢ゑがく若人の
      叡智よかをれ栄高く

    ピアノ・合唱(WMAファイル, 3.11MB)
    ピアノ・合唱(MP3ファイル, 6.16MB)


  • 2008年03月21日(金)

    校章(旧種子島高校)

    ファイル 250-1.jpg

     学制改革により,昭和23年4月から種子島高等学校は総合制(一部種子実・二部種子中・三部種子高女・四部定時制)をとったため新しい校章の必要が生じ,これを広く公募し制定したものである。
     形は鉄砲百合で,誇り高い西洋文化の先進地,鉄砲伝来の種子島を示し,色の純白は純乎にして純潔を表したものである。
     
     


  • 2008年03月21日(金)

    校訓(旧種子島高校)

    ファイル 249-1.jpg
    誠実・・・健康で道義心に富み,豊かな教養を身につけた誠実な人間
    明朗・・・明るく朗らかで,よりよい社会づくりに貢献する人間
    友愛・・・友愛と協調性に富み,真理と平和を愛する人間
    気魄・・・自ら創意工夫し,自立・進取の気概に富む人間


  • 2008年03月21日(金)

    沿革(旧種子島高校)

    ●旧鹿児島県立種子島中学校

    大正15年 3月 鹿児島県立第一鹿児島中学校分校として設立を許可される
    昭和 4年 3月 分校より独立して鹿児島県立種子島中学校となる
      20年 4月 戦災により校舎全焼,野首・小牧・納曽・東町各公民館で分散授業

    ●旧鹿児島県立種子島高等女学校

    明治35年 1月 北種子村立女子実業補習学校として女子榕城尋常高等小学校に併設
      38年 7月 北種子村立女子職業学校と改称
    大正15年 3月 町制実施に伴い西之表町立女子職業学校と改称
    昭和14年 4月 組織変更により鹿児島県西之表高等女学校と改称
      17年 7月 鹿児島県種子島高等女学校と改称
      18年 4月 鹿児島県に移管され鹿児島県立種子島高等女学校と改称

    ●鹿児島県立種子島高等学校
     
    昭和23年 4月 学制改革により旧種子島中学校は鹿児島県種子島高等学校第二部,旧高等女学校は鹿児島県種子島高等学校第三部となる
      24年 4月 部制の廃止に伴い第二部・第三部を合併し,鹿児島県種子島高等学校となる
      31年 4月 県教育委員会の決議により鹿児島県立種子島高等学校と改称
      31年11月 創立30(旧高女55)周年記念式典
      38年 4月 家庭科募集停止,普通科4学級となる
      43年 9月 創立40(旧高女65)周年記念式典
      52年10月 創立50(旧高女75)周年記念式典
      54年 7月 白百合寮撤去
      56年 4月 1年生3学級(計11学級)
      57年 4月 1年生3学級(計10学級)
      58年 4月 1年生3学級(募集定員135人,1学級45人)計9学級(375人)
      61年11月 創立60(旧高女85)周年記念式典,校訓碑建立,大時計設置
    平成 8年11月 創立70(旧高女95)周年記念式典,体育館緞帳・引幕一式更新,礼法室庭園設置
      15年 4月 45分授業・2学期制開始
      18年 4月 普通科募集停止
      18年11月 創立80(旧高女105)周年記念式典
      20年 3月 閉校(創立82年,旧高女106年)