09 種子島実業高校の歴史

  • 2008年03月17日(月)

    校歌(種子島実業高校)

    ファイル 247-1.jpg
    作詞 羽生  操
    作曲 林  幸光

    一 大洋の波ほゆるとも
      見よ天然の幸深く
      人の和満つる種子島
      溌剌として拓くべき
      使命は重しこの力
      若人清き眼をあげよ

    二 南溟の空くもるとも
      見よ伝統の星高く
      文化輝く種子島
      敢然として守るべき
      自信は強しこの心
      若人清き眼をあげよ

    三 混濁の風すさぶとも
      見よ質実の道かたく
      剛健徹るわが学園
      颯爽としておこすべき
      理想は高しこの光
      若人清き眼をあげよ

    ピアノ・合唱(WMAファイル, 1.66MB)
    ピアノ・合唱(MP3ファイル, 1.65MB)


  • 2008年03月17日(月)

    校章(種子島実業高校)

    ファイル 246-1.jpg


     外枠は,種子島に自生するカシワの葉で,枯れても枝に強くしがみつき,落葉しない粘り強さを表し,中の星形は横に4つの学科が仲良く学び,天と地に鋭く発展する本校生徒の躍進を表している。

       (昭和37.3 農業科卒 佐山體藏作)
     
     


  • 2008年03月17日(月)

    校訓(種子島実業高校)

    ファイル 245-1.jpg
       誠実

       創造

       勤勉
     
     


  • 2008年03月17日(月)

    沿革(種子島実業高校)

    明治37年 3月  熊毛郡立種子島農林学校として創立(現榕城小学校敷地内)
               農業科乙種定員60人
      38年 9月  新校舎へ移転(北種子村西之表城)
    大正12年 4月  北種子村立種子島農林学校と改称
    昭和 5年10月  鹿児島県種子島農林学校(西之表町立)と改称
      12年 4月  現在地に新校舎新築移転
      21年 7月  鹿児島県立種子島農林学校と改称
      23年 4月  鹿児島県種子島高等学校第一部と改称
      24年 4月  鹿児島県種子島高等学校から分離し,鹿児島県種子島農業高等学校と改称
      31年 4月  鹿児島県立種子島農業高等学校と改称
      34年 4月  鹿児島県立種子島実業高等学校と改称
               化学工学科新設40人,家庭科新設50人,農業科40人
      37年 4月  定員改正 化学工学科80人
      38年 4月  電気科新設40人,家庭科を家政科に科名変更
      41年 4月  定員改正 家政科110人
      42年 2月  創立60周年記念式典
              定員改正 家政科90人
      46年 4月  定員改正 電気科80人,化学工学科40人
      50年11月  創立70周年記念式典
      51年 4月  定員改正 電気科40人,家政科135人
      54年 4月  定員改正 家政科90人
      58年 4月  定員改正 家政科135人
      59年 4月  定員改正 家政科90人
      60年11月  創立80周年記念式典
      61年 4月  化学工学科を工業化学科に科名変更
    平成 6年 4月  学科再編
              農業科→生物生産科40人,家政科→生活文化科80人
       7年11月  創立90周年記念式典
      11年 4月  定員改正 生活文化科40人
      15年 4月  工業化学科募集停止
      16年11月  創立100周年記念式典
      18年 4月  生物生産科,電気科,生活文化科募集停止
      20年 3月  閉校(創立104年)